事業の目的と経緯

 

 平成26年度に厚生省が打ち出した福祉医療制度の大きな変化は「平成27年度から29年度の3年間の経過期間を置き、平成30年度から福祉医療に関する対象者の取り扱い部門を要介護分野は国が対応し、要支援分野は地方行政府に委任する」というものでした。同時に要支援分野と介護予防の分野も含め、この分野の活動に関して地方行政府は民間の活力を充分取り入れて協働の成果を出してほしいという要望がついていました。これを受けて各地方行政府は本格的検討に入ったわけですが、八王子市も高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせるよう「八王子版地域包括ケアシステム」の構築を目指しております。

 

 特定非営利活動法人八王子市民活動協議会(以下 協議会)は政策研究部の絆グループを中心にこうした動きに対応して地域へ貢献できないかと種々論議した結果、独立行政法人福祉医療機構(以下 WAM助成金を活用して「活き生

きハンドブック」の活動に取り組みました。これは、多くの福祉関連活動をしている民間団体を福祉医療に関わっている包括ケアマネージャーや民生委員、町会自治会役員の皆さんに知って頂き、要支援者との橋渡しをしていただく事を考えた活動です。平成27年度は高齢者を対象にしたハンドブックを作成して関係部門へ配布しました。多くの関係者から好評を得ると同時に障がいを持った方や子育て・子育ち母親への支援をする団体も知りたいという要望が多く平成28年度のハンドブックはこれら3分野を網羅した作品となりました。

  平成29年度も3年連続でWAM助成金を頂けることになり、私たちは中間支援団体として多くの市民活動団体と支援を要する市民の皆さんとを結びつけるこの活動を今後も継続していきたいと願っています。

 

(H28年度)データベース

 絆グループでH28年度に作成 (WAM助成事業)したデータベースを、H29年度からは適宜更新し、最新の情報をご覧いただけます。

H27年度ハンドブック

       H27年度、絆グループで作成

       (WAM助成事業)

H28年度までの活動

H28年度までは絆グループ

(外部リンク)が推進しました。
H29年度からは、ネットワーク推進部の一事業として活動しています。